勃起状態をキープする力をメガリスで復活させる

勃起障害というのは女性の裸などを見ても興奮出来ず、そもそも勃起する事すら出来ないという人だけを指すものではありません。
興奮して直ぐは勃起する事は出来るけれど、勃起状態をキープするのが難しいという人も勃起障害と言われるのです。
それは5型ホスホジエステラーゼという、勃起状態を解除する為の成分が深く関わっています。

5型ホスホジエステラーゼが異常に増えてしまう事により、勃起状態を作り出せても直ぐにペニスが萎えてしまうのです。
そういう状態に陥ってしまうと上手く勃起出来ないストレスによって、性欲自体が薄れてしまいかねません。
性欲が薄れるというのは勃起障害を更に悪化させてしまうものですから、メガリスなどの勃起障害治療薬を頼りましょう。
特にメガリスは5型ホスホジエステラーゼの作用を阻害する働きが強く、勃起しても直ぐに萎えてしまうという方にぴったりです。
この医薬品は性行為の直前に飲まなければいけないという事もなく、性行為を楽しむ12時間ほど前に服用すれば良いという点もおすすめ出来ます。
急いで勃起障害治療薬を飲んでいるところ、女性に見られてしまうのが嫌だという方にはぴったりの医薬品です。
ただし食後30分以内に服用した方が良いと言われていますから、性行為を楽しむ12時間前に無理やりに飲もうとするのは止めてください。

20mgタイプの錠剤として販売されている医薬品ですが、その半分の10mgでも十分に効果を発揮してくれます。
この医薬品を初めて服用するという方は、ピルカッターで半分に錠剤をカットしてから服用するのも良いでしょう。
勃起状態をキープする力に優れた医薬品ではありますが、その効果が強い分だけ副作用のリスクも僅かにあります。
もし酷い頭痛や筋肉痛などが突然に起きたのであれば、メガリスの服用が原因かもしれないと考えてください。

特に筋肉痛などは勃起障害の治療薬が原因だとは気付きにくくて、酷い筋肉痛になっても身体を休める事だけで対処しようと考えがちです。
筋肉痛の場合は頭痛と違って、服用から1日ほど経ってから副作用として表れる場合もあります。

そういった副作用の出方に合わせて服用量を変えていけば、勃起状態をキープする力だけを上手く引き出す事も可能です。
しかし殆どの方が副作用は感じなかったと言われるぐらい、負担を抑えられた医薬品だという事も忘れない様にしてください。
じわじわと効いてくると評判の医薬品ですから、直ぐには効果が出なくても焦らない様にしてください。
その焦りがストレスになってしまい、余計に医薬品の効果を薄める事になりかねません。

効果が出始めると長時間のプレイを楽しむ事も可能です。
メガリスは似た様な勃起障害の治療薬の中でも、かなりコストパフォーマンスの良い医薬品だと言われています。
自分にはお金が無いけれど、勃起障害に早く対処をしたいと考えている男性であれば、この医薬品から服用を始めてみるのも良いでしょう。

Comments are closed.